特殊能力

もしかしたら自分にも特殊能力が眠っているのかも知れない。 そんな思いを抱きながらどうしたら自分の特殊能力が覚醒するのか手段がわからない。 当サイトではそんな疑問を解決する為の情報を真剣に集めています。 超能力の知識を身に着けて第三の眼を開眼する。 次は貴方の番かも知れません。

    特殊能力開発の歴史


    f4910d86


    2014y01m31d_195616436
    ヒンズー教の神秘思想によると体内にはナディと呼ばれる生命力や
    気の流れる管が張りめぐらされていると考えられています。

    ヨガではこのナディの中を通る気の流れを良くしてくれる呼吸方法があり

    完全呼吸 nadi shodana(ナディ ショーダナ)
     
    片鼻呼吸kapalabhati(カパラバーティー)

    火の呼吸 Bramhari(ブラフマリ)などがあり、

    この様な呼吸法をプラナヤマといいます。

    この呼吸法を実践すると

    肺活量を95%まで増加できる 寿命を延ばす 心と体のバランスを向上

    毎日の活動に必要なエネルギーを増やす 精神的な安らぎとバランスのとれた感情

    血圧を下げ呼吸系・消化系の症状を和らげる 心と体が完全に若返る 老化を防ぐ

    ストレスに関する症状を治す 自律神経系の機能を良くする 喘息の症状を和らげる

    こんな効果があると説かれています。

    2014y01m31d_131412476
    【ナディ ショダーナ プラナヤマの実践法】

    楽にして座ります。胡坐(あぐら)で良いです。

    左手は左膝の上に置き、手のひらは天井に向けて
    人指し指と親指をそっとくっつけて印を作ります。

    これはギアン・ムドラと言う印で

    エネルギーを手の中に留めておくという意味があります。
    2014y01m31d_212907991
    右手を鼻の前に持ってきます。
    肘を上げて肩の力を抜きリラックスしましょう。

    人指し指と中指を曲げて手の中にしまいます。
    親指は右の鼻腔、薬指と小指は左の鼻腔の脇にそっと添えておきます。
    2014y01m31d_212851180
    この形はビシュヌ・ムドラと言います。

    目を閉じて、背筋が伸び、肘は若干上がっているか再確認します。

    薬指と小指で左の鼻腔を閉じて、右から1度息を全部吐き切ります。
    その時に親指は右の鼻腔の横に軽く添えておきます。

    そして、右側から息を吸い込む所からプラナヤマの練習が始まります。
    リラックスして、プラーナが背骨を通るようなイメージして
    感覚的に感じられるようにしていきます。

    2014y01m31d_212816031
    息を吸い切った所でいったん止めて
    左の鼻腔を空けてから親指で右の鼻腔を閉じて左側から息を吐き出します。

    息を吐き切ったらそこでまた止め、今度は左から息を吸います。

    息を吸い切った所でポーズ、右側を開けて左側を閉じ、右から吐き出します。
    吐き切ったところでもう1度ポーズ。

    しばらく自分のペースでこれを繰り返していきます。
    出来るだけ吸う息と吐く息の長さが同じになる様に心掛けて行ってみましょう。

    もし鼻が詰まっていたり、呼吸が足りなく感じたり、胸が苦しくなったり、
    練習をしていて違和感を感じた場合はいったんプラナヤマの練習を止め、
    気分が良くなるまでお休みしましょう。

    初めてプラナヤマの練習を行う場合は
    ベテランの先生の指導下で行って頂く事をお勧めします。

    2014y01m31d_232633380
    iPhone iPad用アプリも出回ってますので
    ご紹介しておきます。

    興味ある方は Universal Breathing - Pranayama Free
    でググってみてください。

    9d7812b5bb9662b427e9d20a8fba89d4
     

    ヒンズー教の神秘思想によると体内にはナディと呼ばれる
    生命力や気の流れる管が張りめぐらされていると考えられています。

    4000年前とも4500年前ともいわれているインドのヨガを
    実践する事でこのナディの中を通る
    気の流れを良くしてくれると言われています。

    プラーナ(気)のエネルギーは私達に生命を吹き込み、
    エネルギーを与えてくれます。

    健康状態がいい時はプラーナがとても活発に流れています。
    逆に、肉体的、感情的、精神的にストレスを受けていたり、
    病気の時はナディがスムーズではない状況になります。
    cha

    古文書によるとナディは体内に72,000本あると言われていて、
    スシュムナー、イダ、ピンガラの3本のメインのナディが
    背骨に沿って通っているとされています。

    2014y02m01d_003003854

    スシュムナーが真ん中に1本あり、
    イダとピンガラがその周りを2本のら旋状に通っている状態です。

    イダは、左の鼻を入り口とする気の通り道のことです。
    感情の沈静化に関係しているといわれています。

    ピンガラは、右の鼻を入り口とする気の通り道のことです。
    感情の活性化に関係しているといわれています。

    スシュムナーは kundalini shakti(クンダリーニ・シャクティ)と呼ばれる
    「悪魔の力」という意味のムーラダーラ・チャクラの所で眠っている神聖なエネルギーが通る所で、
    ヨガでは悟りを開くと、このエネルギーがスシュムナーの中を上に向かって上昇していきます。
    これがクンダリーニの上昇(覚醒)として知られている現象です。

    そして、旋状のピンガラとイダがスシュムナー上で交わった箇所に
    渦巻き状にエネルギーがたまりエネルギースポットとなります。

    エネルギースポットは体の軸上で主要7ケ所あるとされていて

    これがチャクラと呼ばれているのです。

    精神世界では、チャクラを活性化するために、
    さまざまな試みが行われてきたようです。

    チャクラが活性化すると 特殊能力 生命エネルギー 
    内分泌系 心の状態や性格 人間の品格など
    様々な事に影響を及ぼすと説かれています。

    その効果的な方法は ナディー ショダーナ プラナヤマです。

    ナディー ショダーナ プラーナヤーマの方法は
    リンク先に記述します。

    しかしチャクラ活性化に失敗したら人生を棒に振ってしまうような
    危険な結末に陥ってしまうこともあると説かれています。

    自己流で無闇やたらにチャクラを刺激しない方が賢明なのかもしれません。
     
    2014y02m01d_003940670

        ★ 第1チャクラ = ムーラダーラチャクラ    (肛門付近) 赤

    ★ 第2チャクラ = スヴァーディスタナチャクラ (丹田) 橙

         ★ 第3チャクラ = マニプラチャクラ       (おへそ) 黄色
     
        ★ 第4チャクラ = アナハタラチャクラ       (胸中央) 緑

        ★ 第5チャクラ = ビシュダチャクラ       (甲状腺) 青
     
        ★ 第6チャクラ = アジナチャクラ        (眉の間) 紫

               ★ 第7チャクラ = サハスラーラチャクラ    (頭の上) ゴールド 白

    第1チャクラ = ムーラダーラ チャクラ(肛門付近)の活性化

    「大自然の気(地球のエネルギー)」をたくさん浴びることによって、
    ムーラダーラチャクラは活性化されます。
    森に行ったり、海へ行ったり、自然の豊かな処に足を運ぶと良いです。

    第2チャクラ = スヴァーディスタナ チャクラ(丹田)の活性化

    植物を愛する生活をするとスヴァーディスタナチャクラは活性化されます。
    花を見る時間をつくったり、植物を生活の中に取り組む工夫をしたり、
    花に語りかけてあげると良いです。

    第3チャクラ = マニプラ チャクラ(おへそ)の活性化

    動物を愛する生活をするとマニプラチャクラは活性化されます。
    動物と親しむ時間をつくったり、動物園に行ったり、
    笑うことでも活性化されます。

    第4チャクラ = アナハタラ チャクラ(胸)の活性化

    人を愛したり、自分自身を愛するとアナハタラチャクラは活性化されます。
    特に無償の愛(見返りを求めない愛)
    動物を愛するなどの気持ちを抱くことで活性化されます。

    第5チャクラ = ビシュダ チャクラ(甲状腺)の活性化

    幸せになるような言葉を積極的に発するとビシュダチャクラは活性化されます。
    特に ありがとうございます という言葉(マントラ 聖なる言霊)が効果的です。
    口先だけで発声しても活性化されます。

    第6チャクラ = アジナ チャクラ(眉間)の活性化

    祈ることでアジナチャクラは活性化されます。
    世界平和の祈りや瞑想などで活性化されます。

    第7チャクラ = サハスラーラ チャクラ(頭上)の活性化

    第1から第6チャクラが活性化すると自然に活性化されます。
    このチャクラが活性化するとハイヤーセルフ(自分の魂)
    との交流が可能になると言われています。

    2014y01m30d_171317829
    精神世界では、人の体は肉体(物質体)だけではありません。

    我々は三次元の物質世界に住んでいますから、
    肉体という「からだ」が土台となっていることは確かです。

    古代秘教の集大成とも言える神智学の教典によれば
    肉体  エーテル体  アストラル体(感情体)  メンタル体(精神体)  コーザル体(思考体)
    ブッディ体  アートマ体  モナド体  の8層から成っていると説かれていますが

    特殊能力開発の為に重要な
    肉体の他の2つの体の層を理解していきましょう。
    2014y01m30d_171755311
    【エーテル体】

    エーテル体とは、神智学、人智学など神秘主義である神秘学などでいう
    生物の重層的な身体のひとつです。

    医学の分野で、西洋医学は肉体の層にアプローチして病気を癒そうとしますが
    東洋医学はもう一つ別の層を想定しています。それが気の層です。

    手当療法や手かざし療法などもこの気の層にアプローチしています。

    インドではプラーナと呼ばれてきました。

    霊眼ではプラーナを多色の発光体としても見ることができ、
    一般に言われるオーラはこのエーテル体のことを指しています。

    即ち、エーテル = 気 = 精神エネルギー = オーラ = プラーナ

    という事です。

    そしてプラーナは、チャクラというプラーナの交差する
    主要7か所のエネルギースポットを経由して体を巡ります。

    チャクラを活性化させると
    プラーナをコントロールすることができるようになるので
    後々第三の眼を開眼させる為に鍛錬していきましょう。

    ルドルフ・シュタイナーによればエーテル体は鉱物にはないが、
    植物と動物と人間にはあるとされています。

    エーテル体がなければ体の形は崩壊するとされ、
    死によって体からエーテル体が分離することによって肉体の崩壊が始まります。

    仏教ではエーテル体の崩壊期間を「四十九日」と定めており、
    死去から49日目に法要を開いて成仏(幽界・霊界へ完全移行)したと見なします。
    2014y01m30d_175114016
    【アストラル体】

    アストラル体とは、神智学、人智学など神秘主義である神秘学でいう
    人や動物の重層的な身体のひとつです。

    アストラル体とは幽界および低~高位の霊界を構成している
    霊的粒子のエネルギーのことです。

    別名、魂体とも幽星体、星気体、星幽体とも呼ばれます。

    エーテル体の上からすっぽりと肉体を取り巻く形で存在しており、
    主に感情と欲望を司る質料とされています。

    想念やイメージなど感情の層です。
    イメージを使ったヒーリングなどは、この層にアプローチしています。

    アストラルトリップとアストラル投射(幽体離脱)などはご存じでしょう。

    人間が物質界の生を離れて幽界や霊界へと移行したとき、
    その肉体の外皮はこのアストラル体によって形成されることになります。

    ルドルフ・シュタイナーの説明によれば体(物質体+エーテル体)は
    感覚を通して人間に色、形、香り、味、感触などの情報を伝えます。

    感覚から受け取られた情報をもとにした世界は魂の中に表象として現れます。

    すなわち内的経験はアストラル体によって可能になるのです。

    鉱物と植物にはないが、動物と人間にはあるとされています。

    2014y01m30d_180932812
    【ルドルフ・シュタイナー】

    Rudolf Steiner, 1861年2月27日 - 1925年3月30日(満64歳没))は、
    オーストリア帝国(1867年にはオーストリア・ハンガリー帝国に、現在のクロアチア)
    出身の神秘思想家 。アントロポゾフィー(人智学)の創始者。哲学博士。(wiki pedia)

    このページのトップヘ